悪徳業者の特徴の画像

悪徳業者による訪問詐欺・トラブルの実態

近年、東京オリンピック開催を控え中古着物の注目・需要が急増しています。需要に合わせ中古買取が活発化すると同時に、着物の買取を名目にした詐欺が問題視されています。今回は着物の訪問買取でトラブルにあわないための方法を紹介します。

 

悪徳業者の手口はまず女性から「不要な着物はありませんか?」と、自宅に電話がかかってきます。オペレーターの女性は巧みな言葉使いで査定の約束を取り付けようとしてきます。オペレーターは女性でしたが、実際に訪問するのは男性が多いようです。悪徳業者の査定員は着物をざっと見ただけで、他に貴金属はないかと質問してきます。本来の目的は貴金属にあるようですね。

 

貴金属を見せると、言葉巧みに買取を申し出てきます。しかし着物においても、宝石においても通常の査定よりも遥かに安い金額を提示されてしまいます。気の弱い方や信じやすい人の場合、結果的に着物買取を名目に貴金属品もろとも買い叩かれてしまうという一連の流れです。

 

大まかな実態は上記の通りで、どの業者にも共通しています。まず年配の女性宅を狙い電話を入れ、着物の買取を装いながら、着物以外の金目の物を、安く買い叩いていくというやり方です。悪徳業者は販売ルートが限られる着物よりも、誰にでも売りやすい宝石類をなんとか引き出そうとしてきます。大手買取業者の出張買取など一部例外はありますが、一度売却してしまったものは、クーリングオフなどはできません。そのため買取業者をしっかり判断し、悪徳業者を寄せ付けない方法が大事になってきます!

こんな買取業者には要注意!悪徳業者の特徴!

買取業者を判断する上で、以下の点が当てはまる場合は警戒が必要です。

 

  • 「不要な着物はないか?」と言って突然の電話や飛び込み営業で自宅に訪問しようとする
  • 着物以外に他に買取できる品目を紹介し、あれば出すように誘導する
  • 上記の品物を出すまで居座るような行動を取る
  • 業者名を聞いたことがない
  • 訪問時に名刺等の受け渡しがない
  • 査定時に必須となる行商(古物商許可証)の提示がない
  • クーリングオフに関しての説明や相談窓口の案内をしない

 

上記の不審点がある場合は、少し気を引き締めたほうがいいですね!紹介したポイントは若い方であればおかしいなと気づけますが、高齢者の場合とっさの判断能力できず押し切られてしまう可能性もあります。現に悪徳業者の手口としても高齢者を狙うことが多いので、家族や知り合い同士で声を掛け合うなどの対策が必要です!

着物の買取詐欺防止のためのコツ

最後に着物の買取トラブルに巻き込まれないためにこれだけは気をつけてほしい3つのポイントを紹介します!着物を販売しようと思う方はしっかりと把握しておきましょう!

突然の訪問は断るように!

悪徳業者の手口として事前の約束、利用者からの依頼なしに突然訪問or電話をしてくるケースが多いです。自宅まで入られてしまうと、貴金属を出すまで粘り続けるためまず、この時点でしっかり見極める事が大事になります。家に入るために強引な態度や不審感があるようならばすぐに警察に連絡しましょう。

名刺やホームページ情報を受け取る

まずは、会社名や電話先の担当者の名前を確認しましょう。詐欺目的の悪徳業者は、会社ではなく個人や集団でやっていることも多く、自身の会社情報や連絡先情報を渡すことを強く嫌がります。

 

その上でホームページ情報についても確認しましょう。しっかりした買取業者は基本的にホームページや公式サイトを持っているため、ホームページ情報を明かすことを嫌がることはありません。

 

もし、すでに訪問が決まってしまっている場合は、名刺を頂くようにしましょう。買取業者は一般的に、訪問時に訪問目的やリサイクル商品を扱うための証明を提示し、名刺を渡します。

 

着物買取業者が名刺や身分証明証の提示を嫌がる場合、絶対にその場で断るようにしましょう!

高齢者に対して情報共有が大切

悪徳業者の被害は、即座の判断が苦手なお年寄りの方が多い傾向にあります。高齢で一人暮らしの親や親戚がいる方は、「振り込み詐欺」や「オレオレ詐欺」と同様に、こういう悪徳業者からの電話に気をつけるように情報共有・声掛けが大事になります。

 

「着物買取りますよ!」という悪徳業者から電話がかかってきた場合に、「注意を受けたことがあるかどうか」で被害を受けないで済みます。

 

本記事では「着物買取りますよ」という電話や突然の訪問を行う悪徳業者に騙されない方法を紹介しましたが、今回ご紹介した手法以外にも「リサイクルショップや古着屋で着物買取してもらう際の注意事項」についても当サイトでは掲載しています。

どこで買取をするか?の画像
着物をリサイクルショップや古着屋はNG!買取専門店を利用しよう!
2018-06-20 18:29
リサイクルショップ・古着屋は避けるべき 着物を売却するための手段として、近所のリサイクルショップ・古着屋・中古着物販売店・着物買取専門業者などが挙げられます。そのなかでもリサイクル...
お役立ち情報の関連記事
  • 着物買取の相場価格と高く売るコツ
    着物買取の相場価格はいくら?高額で売るためのコツを徹底解説!
  • バイセルの持ち込み買取、店舗のイメージ画像
    【バイセル(スピード買取.jp)の持ち込み買取】店舗の場所や口コミ、評判を紹介!
  • バイセルの宅配買取の口コミ評判記事のイメージ画像
    【バイセル(スピード買取.jp)】宅配買取の口コミ、評判を紹介!
  • 浴衣買取の画像
    浴衣の買取ができる着物買取業者はここ!価格相場も合わせて紹介!
  • 大島紬の画像
    【着物買取】大島紬の価格相場、高く売るためのポイントを解説!
  • 紬の相場記事のイメージ画像
    紬の着物買取ならこの業者!産地別に価格相場も紹介!
おすすめの記事